ラメラエッセンス 妊娠中

ラメラエッセンスcは妊娠中に使っていても大丈夫なのか?

当サイトは、ラメラエッセンスCを使っている方か、今後ラメラエッセンスCを試してみたい方に読んでいただいております。その中でも、現在妊娠〜出産、もしくはこれから結婚をして赤ちゃんを産む予定がある…そんな方達は、ラメラエッセンスCは問題なく使えるのか気になるところです。

 

ラメラエッセンスCは妊娠中でも使えるか?肌トラブルが行ったときの対処法は?

 

これまで使ってきたラメラエッセンスCが妊娠すると合わなくなることもあるのか?

 

回答

 

妊娠中の使用について

 

公式サイトでも書かれておりますが、妊娠中にラメラエッセンスCを使っても問題ありません。化粧品の中でも安全性の高い成分ばかりですので、基本的には心配ないでしょう。

 

ただし、ラメラエッセンスCが合わなくなる場合も稀にあるようです。これはラメラエッセンスCに限らずスキンケア商品全部に当てはまることです。

 

女性の体(肌)は妊娠するとだんだんと変化することで肌荒れを起こしやすくなります。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンバランスが崩れることで、肌の状態に影響を及ぼします。症状として起こるのは、肌がカサカサになって乾燥肌が酷くなったり、シミやそばかす、ニキビや吹き出物などの発生です。

 

妊娠したほとんどの女性は、ラメラエッセンスCを使ったことで肌トラブルを起こすことはありませんが、心配の方は一度かかりつけの医師に相談してみるのもいいかもしれません。

 

妊娠中の肌対策※ラメラエッセンスCで肌トラブルを防ぐ!

 

妊娠してからのスキンケア

 

妊娠初期〜ラメラエッセンスCだけでは物足りない!?

妊娠初期(妊娠2カ月〜4カ月)は、黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発になり、極端な乾燥肌になったり脂性肌になったりと最も不安定な時期です。アトピー持ちの方は更に酷くなることもあるようです。そのため、肌への負担の少ない低刺激の洗顔料で洗顔をしてください。

 

ラメラエッセンスC(美容液)を塗った後は、乳液→クリームとしっかり保水と保湿を行ってください。この時期はつわりによって匂いに敏感になりやすいので、香りの弱いもの、できれば無臭のスキンケア化粧品を選んでください。

 

妊娠中期〜ラメラエッセンスCも安心して使える!

妊娠中期(妊娠5カ月〜7カ月)になると、ホルモンバランスが安定し気持ちも心穏やかになってきます。

 

つわりも治まり肌トラブルも落ち着いてきますので、ラメラエッセンスCも安心して使っていけるでしょう。そのため普段通りのスキンケアに戻しても良いでしょう。

 

妊娠後期〜ラメラエッセンスCが大活躍!

妊娠後期(妊娠8カ月〜10カ月)で気を付けたいのは乾燥対策です。そこで活躍するのがラメラエッセンスCの成分です!

 

生コラーゲンの保水性はコラーゲンと比べて600倍、うるおい成分たっぷりのヒアルロン酸と加水分解エラスチン、肌の調子を安定させるビタミンC配糖体が配合されています。ラメラエッセンスCを毎朝晩使って保湿をしてきましょう。

 

ラメラエッセンスCを使っても肌荒れが治らない!その対処方法とは?

 

食事を見直すことが大事です!

 

妊産婦のための食事バランスガイド

 

私は2人目を妊娠してる時に肌荒れが酷くなったことがありました。初めはラメラエッセンスCが合わなくなったんだと思っていたのですが、偏った食事が原因だったのです。

 

そのときとても参考になったのが、厚生労働省(農林水産省)の「妊産婦のための食事バランスガイド」です。主食、副菜、主菜、乳製品、フルーツと、毎日バランス良く摂るものです。

 

妊産婦は葉酸をたくさん摂る

 

特に妊娠初期〜中期にかけては、葉酸とビタミンCを多く含んだ食材は積極的に摂るようにしましょう。葉酸なら牛レバーやうに、ブロッコリーやほうれん草や枝豆などの茹で野菜、ビタミンCなら赤ピーマンや黄ピーマンとゴールデンキウイやレモンなどがおすすめです。

 

このように肌荒れの原因はラメラエッセンスCだと安易に決めつけず、食事の見直しを実行していくことで妊娠中の肌荒れを防ぐことができます。